ストレートエッジ

クリエイターとコンテンツと共に歩み、全ての皆様に『面白い』と『幸せ』をお届けするエンターテイメントカンパニー

お知らせ News

理念 Ideology

漫画家志望者へのハウ・トゥー・コミック『ヘタッピマンガ研究所R』(村田雄介著、集英社刊)では、『創作』という行為についてこうなぞらえています。

――“面白さ”を探し求めるというのは、真っ暗闇でコンパスも何も無いところを彷徨うことに似ている。
――手がかりのない真っ暗闇の道の中、遠くに輝く光を目指し、ただ自分を信じて前に進む。

過酷で不安だらけの旅において、自分を信じて前に進み続けるためには、並々ならぬ意志の強さが必要です。

本当にこの道であっているのか、進んだ距離が無駄にならないか、そもそも自分に向いているのか……葛藤と疑心しかないこの一人旅において、隣に立ち、寄り添い、共に暗闇を歩む、そんな存在になりたいのです。

社名である『ストレートエッジ』とは、『直定規』という意味です。

暗闇の中を歩く創作者の皆様の進むべき目印となれるように、定規というガイドラインに沿って迷わずまっすぐと、目的の地へたどり着けるように。そんな意味を込めて、社名としました。

すこしでもその手がかり、道標となるべく、創作者の皆様と作品、コンテンツに寄り添うことを心がけ、全ての皆様に『幸せ』を届けることを目指し、実現して参ります。

携わるコンテンツを、世界で通用する最高のエンターテイメント作品に育て上げ、広く、様々な方々に伝えていきます。

10年、20年と、創作者の皆様と共に歩める会社であることを心がけ、邁進してまいります。

株式会社ストレートエッジ 代表取締役 三木一馬

編集者の仕事とは、なんでしょうか。僕はこう考えています。

作家と共に歩むこと。
作家が創作物を生み出す手助けすること。
生み出された創作物の価値を最大限に高める努力をすること。
そして、価値を高めた創作物を、より多くの読者に、大きく、広く届けていくこと。

これらが、編集者の至上命題です。
しかしながら、理想はそうであっても現実は異なります。編集者は会社員でもありますから、所属する会社(版元の出版社)の利益を追求しなければなりません。
様々な業務をこなす中で、『避けられない事情』によって、『作家や創作物にとってのベスト』を尽くすことができなかったのは、一度や二度ではありません。

既存のメディア企業が誇っていた『メディアの優位性』はすでに弱体の一途を辿っています。
IT化によって個人ですらもメディア(媒体)となる今、既存メディア企業の既得権益はますます少なくなっていきます。 iTunesなどの音楽定額制配信サービス、amazonやNetflexなどの映像配信定額制サービスにより、コンテンツはプラットフォームに呑み込まれ、安く買い叩かれていくでしょう。

今の市場は、『娯楽はタダ同然と考えるお金をかけないユーザーたち』を囲い込んだプラットフォーム企業が支配しています。そして、『ユーザーのランキングが売上げと面白さを決める』というトレンドがエンタメ業界を席巻しています。このようなコンテンツに厳しい現状の中では、既存の編集者では太刀打ち出来ません。

これからの編集者は、作家と二人三脚で作品作りをしていくこと……は、もちろん当然として、今の業界に縛られた作品展開を打開していく必要があります。
たとえば、日本のプロ野球選手がメジャーリーグに移籍したいとき、できるだけ有能なエージェントを雇いたいと考えます。
それと同じように、作家がより大きな舞台で勝負するためのパートナー(編集者)を雇う時代が、当たり前に来る、と僕は考えています。

作家は魂を削って作品を創り上げています。その魂の作品に寄り添い、親身かつ客観的に意見を伝え、価値のある打ち合わせを提供し、より“面白いほう”を目指してクオリティを上げる。
そうして作りあげたコンテンツを、『作品第一主義』で考え最大限にプロデュースしていきます。

そのためには、IT化により無限に生まれつつある『媒体』を有効活用することが不可欠です。
その作家/コンテンツに適合したベストなパートナー、ベストな宣伝施策、ベストなファンサービスを、無限にある媒体から選択し、速やかに、細やかに実行する……。

つまり、『媒体を編集する』のです。

それが、未来の編集者に求められていることだと考えています。

  • 「大人の都合」によらない、常にクリエイターとユーザーを第一とした「面白い作品」の開発。
  • 上記を保証する、国内のエンタメ系小説業界トップクラスの編集者によるトータルのサポート。
  • クリエイターにもっとも重要な、創作に集中できる環境の提供。
  • 20以上のアニメプロジェクトを経て培った様々な業種の広い人脈を駆使した、独自メディアミックスの戦略的構築。
  • クリエイターと密接に繋げた、斬新なプロモーション展開の立案。
  • 契約書や条件交渉のリーガル面・ビジネス面における、顧問弁護士を交えた丁寧なコンサルティング。
  • ベテランマーケターによる出版・映像・ゲーム等、エンタテインメント業界の市場データ提供。

契約作家 Authors

鎌池和馬
(電撃文庫『とある魔術の禁書目録』『ヘヴィーオブジェクト』『未踏召喚://ブラッドサイン』シリーズ、他多数)
[公式サイト]
川原 礫
(電撃文庫『アクセル・ワールド』『ソードアート・オンライン』『絶対ナル孤独者≪アイソレータ≫』シリーズ)
[作家個人サイト][Twitter]
高橋弥七郎
(電撃文庫『灼眼のシャナ』『カナエの星』シリーズ)
伏見 つかさ
(電撃文庫『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』『エロマンガ先生』シリーズ)
[公式サイト][Twitter]
佐島 勤
(電撃文庫『魔法科高校の劣等生』『ドウルマスターズ』シリーズ)
[Twitter]
三秋 縋
(メディアワークス文庫『スターティング・オーヴァー』『三日間の幸福』、他多数)
[作家個人サイト][Twitter]
駱駝
(電撃文庫『俺を好きなのはお前だけかよ』)
abec
(イラストレーター。電撃文庫『ソードアート・オンライン』シリーズ挿絵)
石田可奈
(イラストレーター。電撃文庫『魔法科高校の劣等生』シリーズ挿絵) ※リーガルコンサルのみ。
loundraw
(イラストレーター。『あおぞらとくもりぞら』マンガ担当) ※一部のリーガルコンサルのみ。
[Twitter][pixiv][tumblr]

会社概要 Company

会社名 株式会社ストレートエッジ (英文表記 Straight Edge Inc.)
資本金 9,900,000円
設立 2016年4月1日
本店所在地 東京都中野区
メンバー構成
  • 代表取締役 三木一馬 (プロフィール) (ブログ) (Twitter)
  • 経営戦略アドバイザー 江原照洋 (株式会社サードラボラトリー 代表取締役)
  • 社外取締役 鈴木一智(株式会社KADOKAWA アスキー・メディアワークス事業局統括部長)
  • 社外取締役 大澤信博(株式会社EGG FIRM 代表取締役)
  • 顧問弁護士 片岡朋行(ヴァスコ・ダ・ガマ法律会計事務所)
事業内容
  • クリエイターマネジメント業務
  • 出版物の編集・企画・制作・製造・販売
  • キャラクターコンテンツの企画・制作・販売
  • アニメーションの企画、制作、制作管理、宣伝及び投資
  • 知的財産のライセンス管理及びライツマネジメント業務
  • 広告代理店業務
  • ビデオ、ゲーム、ソフトウェアへの投資、開発、企画、宣伝、販売
  • 音楽の制作及び出版業務

三木一馬 (みき・かずま)

三木一馬 (みき・かずま)

  1. 2000年 上智大学理工学部卒業
  2. 2000年 株式会社メディアワークス 入社
  3. 2001年 第二編集部にて電撃文庫、メディアワークス文庫、単行本の編集を担当。それらのメディアミックスプロデュースも担う
  4. 2013年 電撃文庫MAGAZINE編集長に就任
  5. 2014年 電撃文庫編集長に就任、電撃小説大賞最終選考委員を兼務
  6. 2015年 初著作『面白ければなんでもあり 発行累計6000万部――とある編集の仕事目録』を発売
  7. 2016年 株式会社KADOKAWAを退職(※株式会社メディアワークスは2013年に親会社である株式会社KADOKAWAと合併)

担当した主な作品は、『灼眼のシャナ』『ソードアート・オンライン』『アクセル・ワールド』『魔法科高校の劣等生』『撲殺天使ドクロちゃん』『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』ほか多数。担当書籍の累計発行部数は6,000万部を突破。売上高は250億円を超える。メディアには、東洋経済オンラインにてコラムを連載(全四回)、リクルート系WEBメディア『HR』にてインタビューが掲載された。


採用情報 Recruit

現在は募集しておりません。

お問い合せ Contact

※契約作家、契約作家の作品についてのご意見・ご質問は、それぞれの出版社様宛にお願いいたします。

※メールアドレス
※メールのタイトルになります

PAGE TOP